このページのトップへ

漆木製弁当箱 国産桐

木製弁当箱(国産桐)

漆弁当箱 二段弁当箱 木製弁当箱 漆の弁当箱

木製2段弁当箱 国産桐 漆

販売価格 23,760円(税込)
配送料 無料*配送料について詳細をみる
購入数
商品について問い合わせる

漆二段弁当箱は只今制作が間に合わず、7月頃のお届けになります。

商品番号 BEN-S
配達時間が指定ができます 午前中/12:00-14:00/14:00-16:00/16:00-18:00/18:00-20:00/19:00-21:00
ご希望のお届け日、時間のみの指定、都合が悪い日のみの指定も可能です。

漆2段弁当箱はおかずがきれいに見えて、ごはんがおいしくいただけます

日本の伝統技術が美しい、漆の2段弁当箱

国産の桐をひとつひとつ鉋で仕上げて丁寧に組み立て、拭き漆と漆塗りの二通りの方法で漆を丹念に塗り重ねました。

漆の艶やかな朱色が上品な木製弁当箱

ランチを豊かにしてくれる、何を詰めてもうつくしい漆塗りのお弁当箱。

伝統的な技による漆塗りのしっとりとした色と艶、手に馴染む感触はお弁当の時間を豊かにしてくれます。

漆のお弁当箱なら、ごはんがおいしく感じます

毎日使うお弁当箱だから

毎日のお弁当だからこそ、いつものおかずがおいしそうに見えることを大切にしました。

つぶれず綺麗におかずがつめられます

上段の容器は、おかずをおいしそうに詰めるために、おかずが少し飛び出してもつぶれにくくしました。

ごはんがおいしい

ふんわりとよそわれたごはん

木のお弁当箱は冷めてもお米本来の味が楽しめます。

使い込むほどに手に馴染むオトナの2段弁当箱

漆器は、少し特別な感じがありますが、長く使い込むほどに手に馴染んで深みのある色味に変わります。

拭き漆で木目を生かした漆弁当箱

お弁当箱の外側は、木地に透けた生漆を塗り、布で拭き取り、また生漆を塗る作業を何度も繰り返し、木目を 生かして仕上げる「拭き漆(ふきうるし)」。

漆の艶やかな朱色が上品な木製弁当箱

2段の上段とお弁当箱の内側は、漆を何度も塗り重ねて作られるいわゆる「漆塗り」です。

日本の伝統ある技により2段弁当箱が作られました

丁寧に角が落とされた形はひとつひとつ職人が手作業で仕上げており、ほどよい丸みがあります。

お弁当箱の角が丁寧に落とされ、ほどよい丸みが丁度よいです

創業90年を迎える「桐箱よしだ」。代々桐箱を作ってきた職人の技法で弁当箱が作られました

国産桐の2段弁当箱

円盤鉋仕上げ

ペーパー仕上げが多いなか、円盤鉋を使い、ひとつひとつ丁寧に仕上げています。

弁当箱

木目を厳選

天然木であるがゆえに、木目や色がそれぞれ違います。そのため制作の段階で木目のよりきれいに見える素材を厳選しています。

弁当箱

わずかなアソビ

ふたの開けやすさや閉めやすさにこだわり、わずかなアソビをひとつひとつ調整しています。

拭き漆と漆塗り

お弁当箱のフタをすると、「拭き漆(ふきうるし)」に「漆塗り」の朱のラインが入ります。

長く楽しめる漆の色合い

木製弁当箱 漆 国産

漆弁当箱は、何年も使っていくうちに色に深みが出てきます。2カ月かけて何度も丁寧に漆を塗っているので水に強く、長く使っていただけます。日々のお手入れも楽しんで、味わいのあるお弁当箱に育ててください

国産の桐

国産の桐だけを使用しています。 桐はタンニンが含まれていて、防湿・防腐効果に優れた保存性の高い素材です。

160g軽量なので持ち運びに便利

お弁当
  • ●160gと軽量です。
  • ●バンダナサイズの布で包むだけ。ゴムバンド不用。
  • ●一般的な保冷バッグに入る大きさ。

日頃のお手入れについて

浸け置き洗いはおやめください。柔らかなスポンジや布などを使ってください。熱湯や水よりもぬるま湯が良く、洗剤はしっかりと洗い流してください。布で拭いて、よく乾かしてください。しまう時は、フタと容器を重ねずに食器棚などに収納するのが理想です。フタをしてしまうと、容器の中にわずかな湿気がこもるので、できれば少しでもフタをあけておくことをおすすめします。電子レンジ・食器洗浄機・食器乾燥機はお使いいただけませんので、ご注意ください。

お弁当箱に傷がついてしまったら?

長く使っていて、傷がついてしまったときは、職人が修理を承ります。お気軽にご連絡ください。状態によっては修理ができない場合がございますので、ご了承ください。※修理費用は別途頂戴いたします。

 木製二段弁当箱 漆
名称 木製2段弁当箱 国産桐 漆
生産地 日本(山形県)
素材 国産桐
塗装
サイズ 138×92×87mm
容量 上容器200ml、下容器300ml
重量 約160g
お手入れ方法 食器用洗剤を使用して柔らかなスポンジで洗い、よく拭いて乾かしてください。浸け置き洗いはしないでください。保管は、フタと容器を分けて、風通しの良い場所で保管してください。電子レンジ・食器洗浄機・食器乾燥機はお使いいただけませんので、ご注意ください。

前のページへ戻る前のページへ