このページのトップへ

山形県産はえぬき

商品一覧へ
山形産特別栽培米

桐箱入り山形県産はえぬき10kg 使いやすい取っ手は黒柿を使用 米袋に入れたお米を桐箱に入れてお届けします 桐箱はオリジナルの段ボールへ入れてお届けします

桐米びつは現在制作が間に合わず、お届けまで1ヵ月ほどお待ちいただいております。

28年山形県産特別栽培米
はえぬき桐箱入り10kg

  • 白米17,400円(税込)
  • 玄米17,100円(税込)
  • 無洗米17,500円(税込)
  • 配送料無料*配送料について詳細をみる

選択ください


個数: セット

商品について問い合わせる

商品番号 HNGK-/H10/G10/M10
配達時間が指定ができます 午前中/12:00-14:00/14:00-16:00/16:00-18:00/18:00-20:00/19:00-21:00
ご希望のお届け日、時間のみの指定、都合が悪い日のみの指定も可能です。
ご注文者様以外の住所へもお届けします。送り先は何件でもご指定いただけます。

桐米びつの詳細をみる
おすすめのギフト一覧をみる

お米を桐箱にいれて

  • はえぬきを桐箱に入れて

  • はえぬきは山形県で誕生したおいしいお米です。
  • 甘味や香り、艶・粘りのバランスがよく人気の銘柄です。
  • 桐箱に入れることによりお米の鮮度をキープして保管、輸送できます。
  • お手元に届いたら、米びつとしてご利用ください。

最後のひとつぶまで美味しく食べていただきたい

  • お米の美味しい状態をキープ

  • 鮮度の良いお米は、炊き立ての香りもツヤも格別です。
  • 桐箱にお米を入れてお届けするので、お米の水分やうまみ成分を逃さずに輸送できるので、新鮮な状態でお届けできます。

米びつとして使用してください

  • 桐は理想的な素材です

  • 桐はお米の鮮度を保ち、湿気やにおいを寄せ付けない特徴があります。
  • 桐の米びつにお米を保管することにより、鮮度を保ち、最後のひとつぶまで美味しく召し上がっていただけます。

収納ボックスとして

  • 収納ボックスにも使えます

  • 桐箱は、お米以外の食品保存にも適しています。また、A4サイズなので書類入れや大切な衣類やデリケートな素材の保管も向いています。リビングや書斎でもご利用ください。

贈り物に米びつ入りのお米をおすすめします

  • 贈り物や引き出物に

  • 季節の贈り物や結婚祝い、引き出物、新築祝いなどギフトにご利用ください。お熨斗は無料でお付けします。オリジナルの段ボール箱にお入れして、お届けしますので通常は、過剰梱包はしておりませんが、ご要望がございましたら、ラッピング等承ります。
  • お問合せはコチラから

別の住所へもお届けします

  • 遠方の大切な方へ直送も承ります

  • ご注文ページで送り先を何件でも指定できますので、遠方の大切な方への贈り物にもご利用ください。精米したてのお米を桐箱へお入れして直送したします。一部のエリアを除き送料は無料です。お気軽にご利用ください。
28年度産山形県産 特別栽培米はえぬき
名称 精米/玄米/無洗米
産地 山形県北村山郡大石田町
品種 はえぬき
年産 28年
使用割合 10割
内容量 10kg
精米年月日 商品背面に記載
賞味期限 お米は、徐々に水分が抜けて水分と共の旨みが減ってしまいますが、長時間保存しても極端に味が変わることはありません。
保存方法 お米は冷暗所で保存してください。お届けしたクラフト紙の米袋のまま保存できますが、桐米びつへお米を移し替えて保存していただくと、お米の鮮度が保たれます。
10kg用桐米びつ
名称 桐米びつ
生産地 山形県山形市
素材 桐・黒柿・ウォールナット
塗装 無塗装
サイズ 幅240×奥行330+取手9㎜×高250mm
特徴 挽込み留め接ぎ:箱の四方の角は、木口が見えないように作られています。角を美しく見せる留め接ぎは、イモ接ぎとは異なり、どの方向から見ても木口が見えません。四隅には、ウォールナットを埋め込んでいます。挽込み留め接ぎという手法です。
印籠型:印籠の構造は大きく、二つあり、この商品の印籠は、一枚の板を、印籠型に切り出す方法。通常の印籠は、内と外で2枚の板を張り合わせます。
蓋と箱の隙間:印籠の箱は、両手を使わないと開けにくい印象がありますが、片手で楽に開けられるように、蓋がゆるく感じる程度の遊び部分を作っています。
接着 製作時に使用しているボンドは、食品衛生法に適合している日栄化工(株)の「ライフボンド」です。衛生上無害であることが保障されておりますので、安全かつ安心してお米を保存することができます。詳細・証明書はコチラから
素材の特性 天然木のため、色の濃淡、木目柄はひとつひとつ違いますため、写真とは異なる場合がございます。年月と共に、深みが増し飴色になっていきます。
お手入れ 表面のお手入れは、乾いた布で拭いてください。 時々、中を空にして、細かな内容物を取り出してください。 木材の中では反りにくい桐材を使用していますが、お部屋の湿度変化により、若干の反りや膨張することがございます。 お部屋の湿度が高い時期でも、桐の箱内部の環境はほとんど変化しません。蓋の開け閉めにより箱内部の環境が変化します。 硬いものをぶつけるとへこむことがあります。へこんだ箇所に、水か、蒸気を当て、水分によって膨張させると、復元することがあります。 長時間、水につけたり、湿度の高い場所に置かないでください。

前のページへ戻る前のページへ