このページのトップへ

餅のつき方

餅つきは臼と杵があればできます。作り方はとってもシンプルです。

もち米
もち米の品種は、コガネモチ、ヒメノモチなど、さまざまありますが、人気があるのはヒメノモチ。 白くよくのびるので餅にはぴったりです。 ヒメノモチは、おこわや赤飯にも合う品種です。 [ヒメノモチの詳細はコチラ]

餅つきの準備
前日にもち米をお米を研ぐ要領で研ぎます。 一晩、たっぷりの水に浸水させます。 翌日、蒸し始める一時間前にザルに取り、水を切っておきます。

餅のつき方 ▲餅米を蒸す
せいろふきんに包んだもち米を蒸し器に入れ、蒸します。
もち米を蒸している間に、たっぷりの熱湯を用意します。
餅のつき方 ▲臼と杵の準備
臼は熱湯を回しかけ、更に熱湯を入れてしばらく置きます。
杵は熱湯を入れたバケツに浸けます。
餅のつき方 蒸し時間は火力によりますが、もち米一升炊くのに約1時間弱で蒸しあがります。
餅のつき方 熱湯で温めた臼に蒸しあがったもち米を入れます。 臼の周りを周りながら、体重をかけて、まんべんなくもち米をこねます。 もち米がこねあがったら、一塊にまとめて、全体をひっくり返します。
餅のつき方 杵の先を熱湯で濡らし、餅をつきます。 10回に1回程度、餅を返しながらつきます。なめらかになったら、5回に1回程度、餅を返します。 餅全体になめらかになるまで、餅をつきます。
餅のつき方 餅にツヤがでてきたら、餅の完成です。冷めないうちに、手早く器に移します。 餡をつけたり、きな粉をまぶし、つきたてを餅をお楽しみください。
餅のつき方 ▲小豆餡
餅のつき方 ▲きな粉
餅のつき方 ▲納豆
餅のつき方 ▲のし餅

[ヒメノモチの詳細はコチラ]


前のページへ戻る前のページへ