このページのトップへ

無洗米

ふっくら炊ける無洗米

ご飯をよそうのがうれしくなる。ふっくら炊ける無洗米

忙しい毎日だけど美味しい食事にこだわる人に食べていただきたい無洗米です

パサパサしない炊き上がりの無洗米

パサパサしない炊き上がり

たしかに便利な無洗米、でも味はどうなの?と思っている方にぜひ食べていただきたい無洗米です。パサパサせず、ふっくらしたごはんが炊けます。

ツヤツヤして新米のような無洗米

ごはんのツヤ

炊き立てのごはんはツヤツヤして新米のようにみずみずしいです。無洗米のイメージにありがちな硬さがありません。通常の水加減で一粒一粒にツヤがあります。

無洗米でお米を研ぐ時間をカット

忙しい時こそ時間有効活用

お米を研がずに炊けるので、水をためて、お米を研いで、水を捨てて、また水をためて・・・お米を研ぐ時間がカットできます。忙しい時、時間を有効に使えます

誰が炊いてもふっくらしたごはんが炊けます

スーパーの無洗米より高めです。でも食べてみると、ふっくらつやつや。

こんな時、こんな方に無洗米をおすすめします

無洗米

忙しい毎日だけど、おいしいご飯が食べたい人に。

一人暮らしで自炊を頑張っている方に。

毎日のお弁当作り。大変だけど手作りしている方に。

無洗米って便利だけど味はどうなの?と思っている方に。

毎日食べていただきたいから・・・・

お米の品質・ひとつの田んぼから収穫したお米のみを使用

お米は土作りからとことんこだわった、ひとつの田んぼから収穫したお米のみを使用。いろいろな土地のお米と混ざらないので品質が一定しています。
朝昼の寒暖差、清らかな水が豊富な恵まれた環境の下、自然の力を最大限に引き出して作ったお米です。

無洗米の炊き方は2ステップ

炊飯器で炊く方法

1.お米を計量して、炊飯器に入れます。

2.水を定量炊飯器に入れたら炊飯器のスイッチオン。

※注文を受けてから無洗米にしているため水分をたっぷり含んでいます。普通の白米を炊く時と同じ量の水を入れて炊飯してください。 (炊飯器によっては30分浸水してから炊き始めてください。)

美味しい田んぼの無洗米は、ご注文を受けてから低温保存した新鮮な玄米を無洗米にしています。

無洗米は3つの工程で美味しい無洗米に仕上げています。

玄米を精米に

工程1.

低温で保存している鮮度が保たれた玄米を丁寧に精米します。

精米したお米を無洗米に

工程2.

精米したお米を無洗米にします。このとき、水は一切使わない乾式製法で行います。

無洗米

工程3.

無洗米になったら、次は米粒のチェックをします。小さすぎるお米は取り除きます。 この工程でお米のまわりについているわずかなヌカを取り除きます。

お好みの銘柄を無洗米にしてお届けします

美味しい田んぼのお米栽培責任者「青木」です

無洗米

6代目を継いで農家になった私が、最近はお米を研ぐ時間もないくらい忙しい生活を送る人が増えたと聞いて新しい、試みとして無洗米を始めました。 ほんとうは、軟水のおいしい水で研いでから炊いた精米したお米を食べていただきたいのですが・・・(笑)
ここ数年で無洗米の技術が格段に進歩していて、パサつきのない精米のような無洗米ができるようになりました。
自分で土作りからこだわって栽培しているお米です。「おいしくない」なんて言われたくないのです。だから自分の手で無洗米にしています。

無洗米

無洗米は、玄米を精米して、それから無洗米機に通します。 精米より工程が増えるわけですが、お客様の代わりに米を研いでお届けしているような気持でやっています。 私が行っている無洗米の工程は、お米のうまみが残り、ビタミンBも多いそうです。水を入れて炊くだけで、ふっくらと炊けます。ぜひ一度召し上がってください。

家に帰ってすぐ炊ける

1.炊飯器に無洗米を計量して入れます。定量の水を加えます(いつもの炊飯と同じ水量でOKです)
2.炊飯スタート
※炊飯器によっては30分間浸水させます(お米の芯まで浸水させるのがポイントです) 炊き上がったらシャモジで全体をほぐしてください。 茶わんにふんわりとよそって、炊き立てをお召し上がりください。

食べてみました

スタッフUさん

いつも食べているお米は精米したつや姫というUさん。 食べたのは「ひとめぼれ特別栽培米の無洗米」です。 無洗米ですって言われないとわからないですね。 つやつやしていて、お米の甘みが感じられます。

スタッフKさん

自炊歴18年のKさんは、スーパーで売っている無洗米派。 食べたのは「ひとめぼれ特別栽培米の無洗米」です。 ぜんぜんパサパサしていないし、もっちりしていて 無洗米を食べなれている僕としては、無洗米らしからぬ無洗米って感じですね。

スタッフTさん

実家が農家のTさん、いつもは「はえぬき」を食べています。食べたのは「ひとめぼれ特別栽培米の無洗米」と「ひとめぼれ特別栽培米の精米」。くらべると色は精米の方が白いですね。米粒は同じに見えます。つやがあって、どちらが無洗米かわからないですね。

注文をいただいてから無洗米にします。

玄米を精米して無洗米にしあげるので鮮度抜群です。新鮮な無洗米は甘みがあってふっくら炊けます。

スーパーの無洗米は水を多めに入れて炊くと書かれていたりしますが、美味しい田んぼの無洗米はうるおいがあります。いつもと同じ水加減で炊いてみてください。

山形県産つや姫商品一覧


前のページへ戻る前のページへ