このページのトップへ

おいしいごはんの炊き方

ごはんの炊き方

おいしいご飯の炊き方を紹介します。

おいしいごはんを炊くには5つのコツがあります

  • ①お米と水をきっちり計量する。
  • ②水は軟水を使う。
  • ③お米をとぐとき、最初の水はすぐ捨てる。
  • ④お米の芯まで水を浸透させる。
  • ⑤炊き上がったらすぐにほぐして余分な水分を飛ばす。

おいしいごはんの炊き方

計量カップでしっかり計る

お米を計量する

水加減を間違わないために、きっちりと計量をします。白米の場合、水はお米の1.2倍が基本です。1合あたりのお米の重さは150g、それに対する水の量は180ccが基準になります。

  • 1合のお米を炊くときのお米と水の分量の目安
  • 米 1合(150g)
  • 水 180cc

お米をとぐときは軟水で

軟水がおすすめ

おいしくお米を炊くには、軟水がおすすめです。軟水はお米に浸透しやすい為、ふっくら軟らかく炊き上がります。水道水を使う場合は、浄水器を通してから使った方が、カルキ臭さが気になりません。

お米をとぐ

お米をとぐ

最初は、水を入れ軽くかき混ぜたらすぐに水を捨てます。お米は最初の水を一番吸収します。ゆっくりしてしまうと、米に付着したぬかまで水と一緒に吸収してしまいますので、手早く行いましょう。2回目以降は力を入れずに優しくといでください。水が完全に透明になるまでとぐ必要はありません。

お米は夏は30分程度、冬は1時間程度浸水させましょう

浸水

とぎ終わったら、夏は30分程度、冬は1時間程度浸水させてください。浸水させることで、お米の芯まで水が浸透します。

水加減

美味しい田んぼのお米は、農家で精米したてのお米をお届けしているので、お米に含まれているうまみと水分の量が多いお米です。炊飯器の目盛りより少し少なめを基準に、お好みで水量を調節してください。

炊き上がったらすぐにほぐします

炊きあがり

最近の炊飯器は、蒸らしの時間込みで炊き上がりの音が鳴るので、炊きあがったらすぐに蓋を開けてご飯をほぐします。土鍋や飯盒で炊く場合は、炊き上がったら10分~15分程度蒸らしましょう。フタを開けたらしゃもじで十字に切り、下からひっくり返すイメージでほぐし、余分な水分を逃がします。

茶わんによそう

茶わんによそう

茶わんによそうときは、お米の粒が潰れてしまわないように、ふんわりとよそってください。


前のページへ戻る前のページへ