このページのトップへ

ミルキークイーン

ミルキークイーン5kg、10kg、30kg、2.5kgの特徴と価格

ミルキークイーン白米は水を少なめに炊くともち米風のもちもちご飯が炊けます ミルキークイーンは炊き立ての白さが際立ちます ミルキークイーンで卵かけご飯にするともっちとしたご飯と卵が新食感です ミルキークイーン5kgを紙製の米袋に入れた状態です

令和2年山形県産 ミルキークイーン/白米

5kgいつでも定期便対象

【通常価格】 3,400円(税込)

個数:

【いつでも定期便】 3,100円(税込)

個数:

10kgいつでも定期便対象

【通常価格】 5,700円(税込)

個数:

【いつでも定期便】 5,258円(税込)

個数:

30kgいつでも定期便対象

【通常価格】 15,000円(税込)

個数:

【いつでも定期便】 13,917円(税込)

個数:

※15kg袋×2でお届けします。 15kg袋は一人で持ち運べますし、ご近所の方とシェアする時にも便利です。

2.5kg

【通常価格】 2,200円(税込)

個数:

※こちらの商品はいつでも定期便対象外です。
 予めご了承ください。

 配送料 無料 *配送料について詳細をみる

商品番号 [単品]MIK-H  [いつでも定期便 都度払い]MITK-HM
●配達時間が指定ができます。
午前中/12:00-14:00/14:00-16:00/16:00-18:00/18:00-20:00/19:00-21:00
ご希望のお届け日、時間のみの指定、都合が悪い日のみの指定も可能です。
●ご注文者様以外の住所へもお届けします。
●ご希望の方には電子領収証を発行します。ご注文時に申しつけください。

炊き立てのミルキークイーンは白くツヤがあります

もちもちした美味しいお米

ミルキークイーンはモチモチした食感のおいしいお米です。口当たりは優しく甘みがあります。コシヒカリのおいしさを引き継いだミルキークイーンは味も良く、ファンが多いお米です。

ミルキークイーンは通常の水の量より1割ほど少なくして炊いてください

ミルキークイーンの炊き方

よりおいしくいただくには、通常より水を少なめにして炊飯してください。水が多いと粘りが出すぎてべたっとします。 通常の水の量より1割ほど少なくして炊いてみてください。一粒一粒が立ち、食べるとモチモチと弾力のある美味しいご飯が炊けます。

山形県産のミルキークイーンは粒が大き目で、白米は真珠のような白さです

混ぜて炊くとがワンランク上のご飯に

ミルキークイーンは単体で食べても、もちろん美味しいのですが、他の銘柄と混ぜて炊くとがワンランク上のご飯が炊けます。 例えば、精米してから日が経ってしまい水分が抜けてお米がパサついてきた時、2合のお米にミルキークイーンを1合混ぜて炊くともちっとしたご飯になり、おいしくいただけます。

ミルキークイーンは栽培している農家さんの冷蔵庫で玄米を低温で保存

注文をうけた分だけ精米

美味しい田んぼのミルキークイーンは栽培している農家さんの冷蔵庫で玄米を低温で保存しています。低温保存すると風味が損なわれずお米本来のうまみが残り、おいしくいただけます。注文をいただいた分だけ精米していますので香りがあり、甘み、うまみを保ったままお届けできます。 お米の呼吸を妨げないクラフト紙の袋に入れてお届けします。

美味しい田んぼについて

  • 「美味しい田んぼ」について

  • 「美味しい田んぼ」は、日本のお米のおいしさを見つめなおし、毎日が「おいしいごはん」で、心が満たされたり、 幸せな気持ちになって、元気になる。をコンセプトに、ひとつの田んぼで収穫した農家さんのこだわりが味に出るお米だけをお届けしています。
    いつもの食卓がもっと笑顔で包まれますように、作り手と食卓の繋がりを大切にしてまいります。これからもよろしくお願いします。

美味しい食べ方

栗ご飯の作り方
  • 失敗しない栗ご飯

  • みりん、醤油、塩と栗だけで作れる簡単栗ご飯。
  • 炊き立てはアツアツもちもち、冷めてももっちりと美味しい栗ご飯です。
  • > 栗ごはんの作り方はこちら
ちょっとセレブな塩辛
名称 精米
産地 山形県
品種 ミルキークイーン
年産 令和2年
使用割合 10割
内容量 2.5kg/5kg/10kg/30kg
精米年月日 商品背面に記載
賞味期限 お米は、徐々に水分が抜けて水分と共の旨みが減ってしまいますが、長時間保存しても極端に味が変わることはありません。
保存方法 お米は冷暗所で保存してください。お届けした状態で保存できますが、桐米びつへお米を移し替えて保存していただくと、お米の鮮度が保たれます。真夏など室温が高温になる時期はお米を密閉できる容器に入れて匂い移りや乾燥を防ぎ、冷蔵庫での保管をおすすめします。

前のページへ戻る前のページへ