このページのトップへ

発芽玄米の作り方

ミルキークイーンの発芽玄米

玄米を短時間で発芽玄米に

発芽玄米は栄養価が高く、玄米をそのまま炊くより食感が優しくなり、甘みが増して美味しくいただけます。 発芽玄米をなるべく短時間で作るには、質の良い玄米と適度な温度・水分です。暖かな場所で乾燥させないようにして発芽玄米を作ります。

玄米を発芽させる際、中の様子が見えるガラス製の蓋つきテフロン加工の鍋を使用しました
玄米1合分の材料
  • 玄米 1合
  • 水 適量
  • ●用意するモノ
  • ボール
  • ざる
  • 泡立て器
  • テフロン加工のすき焼き鍋(蓋つき)
玄米を軽く洗う

玄米を洗います

  • ボールに玄米を入れ、水を張り、玄米を洗います。
  • 泡立て器を使って軽く混ぜるように洗うと簡単です。
玄米がきれいになるまで水を替えて洗う

玄米を軽くすすぎます

  • 洗ったら水を替えます。
  • 軽くすすいぎます。
  • 玄米をざるに取り、水を切ります。
水に浸けて玄米の芯まで浸水させます

玄米を水に浸けます

  • ボールに玄米を入れて多めの水を入れます。
  • 水の量はおおよそで良いですが、玄米の1.5倍~2倍の水が目安です。
  • そのまま一晩置きます。
  • だいたい8~12時間くらい浸水させると玄米は水を含んで丸みが出てきます。
テフロン加工のすき焼き鍋に玄米を平らに入れて暖かな場所で発芽するまで置きます

平らな鍋に玄米を入れます

  • ざるに取り、水を切ります。
  • ボールにお風呂のお湯程度のぬるま湯と玄米を入れてしばらく置きます。
  • 玄米をざるに取り水を切ります。
  • 水を切った玄米をテフロン加工のすき焼き鍋に平らに入れて蓋をします。
玄米を暖かな場所に25時間ほど置きます

発芽まで25時間くらい

  • 蓋をしたまま暖かい場所に置おきます。
  • 途中、鍋の蓋に水滴がついてきます。
  • 時々、様子を見て玄米の表面が乾いていたら、ぬるま湯を少しかけます。
  • およそ25時間後、玄米がふっくらとして芽が出てきます。
発芽玄米の完成
  • 芽が出て発芽玄米の完成です。
  • 玄米が発芽するには時間がかかりますがなるべく短時間で発芽させるには、温度をやや高くします。
  • パンを発酵する時のように暖かな環境が良いです。
  • また、適度に水分があるとうまく発芽します。
  • ガラスの蓋付きのテフロン加工のすき焼き鍋を使うと、玄米を平らに入れることができて蓋を開けずに玄米の状態をみることができます。

玄米を短時間で発芽させるには

十分に浸水させた後、ぬるま湯にしばらく浸けて玄米を温めたり、暖かい場所に置いて発芽を促すと早く発芽します。湿った環境にすることも大切です。

発芽玄米の炊き方

発芽玄米におすすめの銘柄

発芽玄米は十分水を含んでいるので白米と同じ水加減で炊きます。 特にミルキークイーンの発芽玄米はほかの銘柄よりやや柔らかく炊く時間も短時間で炊けます。

ミルキークイーンはコシヒカリから生まれた品種です。もち米のようにもちもちした食感が特徴です。 発芽した玄米のミルキークイーンもモチッとしていて噛むほどに甘みがあります。 玄米食に慣れていない方でも、柔らかで食べやすいのでミルキークイーンの発芽玄米はおすすめします。

ミルキークイーン玄米の詳細はこちらから >>


前のページへ戻る前のページへ